ブログ

はたきなんて使った事もないという方もいらっしゃるかと思います。
古くからある掃除道具のはたきは、使い方と使える場所を覚えておけばとても効率的に掃除ができることを知ってますか?

今回はそんなはたきを使って汚れを落とす基本的なやり方を紹介します。

◎はたきで掃除をするのに向いている汚れ・アイテム・場所
・拭き掃除のできない布製の家具やカーテン、壁など
・複雑な構造の家具や手の入りにくい場所
・水拭きできない電化製品・オーディオ機器
・凹凸のある小物・本など

◎はたき以外に用意する道具
・帽子、三角巾など頭をおおうもの
・掃除機
・ホコリ(花粉)に弱い人はマスク、メガネなど

◎はたきの基本的な使い方
STEP1:窓を開ける
最初に窓を開けて、部屋の換気をよくします。

STEP2:はたきが触れると困るものを除ける
小さな置き物やデリケートな物を除けておきます。

STEP3:部屋の上の方からはたきをかける
カーテンレール、カーテンの上、照明器具など上にあるものからはたきをかけて行きます。
ホコリは上から下へ落ちるので、先に低い位置のものを綺麗にしても、後から上を掃除するとまたホコリがかかってしまいます。
カーテンレールなど上にあるホコリがその下にある家具にかかっても気にせず、どんどん上から下へ払っていきます。

STEP4:高いところから低い所へ順番にはたく
段々低い位置へ移動します。テレビ台の裏のコード類が集まる所はホコリが溜まり易いので、しっかりはたきます。
本棚やラックのように凹凸がある場所も汚れを落とします。

STEP5:掃除機をかける
下に落ちたホコリを掃除機で吸い取ります。空中にホコリは舞っていますが、全部落ちるには時間がかかるので、目に見える範囲で床のホコリを吸引するようにします。
これではたきを使った掃除は終了です。

いかがでしたでしょうか。
やり方を覚えることではたきが効率よくお掃除につかえますよね!
みなさんもぜひお試しください!
玄関ドアのお掃除って意外と忘れがちですよね。
ですが、玄関ドアは家の印象を決める、大切な第一印象の扉です。
定期的なお掃除をして常に綺麗な状態でお客様を迎えたいですね。

そんな玄関ドアの表面の掃除方法を今回はご紹介したいと思います。

◎掃除の頻度とタイミング
・一軒家の場合
一軒家の場合は玄関ドアが直接外と繋がっている場合が多いので汚れるペースも早いと思いますので、週に1度は掃除することをオススメします。

・マンションの場合
マンションの場合はマンションの構造上によってですが外と直接繋がっているようなドアの場合は一軒家と同じく週に1回ほど、マンションの中の通路など閉鎖された室内と繋がっている構造のマンションの場合は月に1回ぐらいの頻度で良いと思います。

◎必要なもの
・バケツ
・お湯
・液体石鹸(著者は無添加石鹸のボディーソープを使っています。)
・雑巾
ボディーソープを使うと通常の洗剤より肌に優しいので安心です。

◎掃除の仕方
STEP1:バケツに液体石鹸とお湯を入れる
まず先に液体石鹸を入れてから適度なお湯を入れます。
そうすることで全体に石鹸が行き渡り、泡立ちやすくなります。
洗剤ではなくボディーソープを使うので、大体のドアは素材を気にせず拭き掃除ができます。

STEP2:細かい部分から拭く
バケツに張ったお湯に雑巾をつけて軽くしぼり、細かい部分から拭いていきます。

STEP3:全体を拭く
全体を隅から隅までしっかりと拭きましょう。
これで完了です。玄関ドアはすぐに乾きますから、カラ拭きはしてません。

※注意点
水に弱い素材でないか確認
家によっては素材が木だったりすることもあると思います。水に弱い素材だったり、石鹸であっても使ってはいけない素材だったりすることもあるので、あらかじめしっかりと素材を確認してから実践してください。
そして晴れた日に!
できるだけ天候の良い日に行いましょう。そうすることで掃除した部分もすぐに乾きます。

いかがでしたでしょうか。
玄関もお掃除して、常に綺麗だと良いですね!!
皆さんはダニを意識してお掃除してますか??
ペットの居る家庭だと、外からダニを持って帰って来ることもありますよね。

今回はラグマットのダニを取り除く方法を紹介します。

◎掃除の頻度とタイミング
1週間に1~2度、特に春から秋にはダニが繁殖し易いので週に2回はするようにします。通常の部屋掃除の時に一緒にします。

◎ダニの習性
ダニは0.5mmから1mmくらいの大きさで、目で見分けるのは困難です。カーペットの繊維にからみつき、奥の方に入り込んでいるので掃除機だけでは取り除く事が難しいようです。
乾燥と高熱が苦手で、高熱50℃以上になると死滅すると言われます。ダニの死骸や糞がアレルギーの原因になります。

◎用意するもの
・アイロン
・掃除機
・掃除の具体的な手順

ラグによっては、水洗い出来ないタイプもあります。
そこで、掃除機とアイロンを使って駆除します。

STEP1:表に掃除機を掛ける
毛並みに逆らうようにして全体を4~5回繰り返して掃除機を掛けます。

STEP2:裏側も掛ける
裏に返して、掃除機を数回繰り返して掛けます。

STEP3:表にアイロンを掛ける
表に返し、低温(80℃くらい)に設定したアイロンを表面に掛けます。表全体を2~3回掛けます。
→ラグによってはアイロン掛け出来ない物があるので洗濯表示を確認しましょう。

STEP4:掃除機をもう一度掛ける
仕上げに再度、ラグの表裏に2回ずつ掃除機を掛けます。

STEP5:処理終了
これで終了です。

※注意する事
素材に注意!!
ラグについている取り扱い表示をチェックして低温のアイロン掛けが可能な素材かどうかを確認しましょう。
一般にはアクリル、ポリウレタン、ナイロン、ポリエステル、ウール、コットン素材は低温なら大丈夫ですが、端の目立たない所に試し掛けしてください。

◎両面を綺麗にする
ダニは奥に潜んでいるので表裏の両面を綺麗にしましょう。ダニは熱と乾燥に弱いといわれますが、卵の状態では強い可能性があるそうです。アイロンで熱処理した後にもう一度掃除機を掛けましょう。

◎換気に注意する
掃除機を掛けている際にダニの死骸が舞うので換気に十分注意しましょう。


いかがでしたでしょうか。
目に見えていないので、お掃除することを後回しにしちゃいがちですが、
定期的にお掃除して、清潔にしておきたいですね。
ハウスクリーニングのお問い合わせはこちら
ページトップ