風呂場の黒ずみ落しのポイントは時間を置いて乾かして?

2015年6月16日

お風呂場のお掃除のとき、いつもお使いのお風呂洗剤でこすっても、
なかなか落ちない黒ずみってありますね。

いつも使っているスポンジではダメかな?と思って、
使い古した歯ブラシを使って、何度こすっても、
しつこく中々落ちない黒ずみってあるものです。

そんな時は、カビキラーとゴム手袋を用意しておいて、
家族全員がお風呂に入った後に
水気を取ってからカビキラーを吹き付けましょう。

一度にきれいに黒ずみを落とすには
カビキラーが乾かないようにするため、
サランラップを巻き付けてカビを徹底密封することも大切です。

黒ずみの部分によりますが
カビキラーが流れてしまいやすい場合は、
黒ずみの部分をティッシュなどで押さえつけてから
カビキラーを吹き付け、
その上からサランラップで覆うのも効果があります。

ひどい汚れの場合、
カビキラーの裏面に書かれている時間より
若干長めに置いてからラップをはがし、
その後、水やお湯などで十分カビキラーを落としてください。
ハウスクリーニングのお問い合わせはこちら
ページトップ