靴と下駄箱を消臭する5つの方法

2017年6月5日

梅雨から夏にかけて、靴は汗や湿気にさらされます。特に靴や下駄箱の臭いが気になる季節ですよね。
そこで、今回は私が実践している、靴と下駄箱の消臭方法をお教えします。

▽使用している消臭アイテム
・10円玉
・新聞紙
・重曹
・トイレットペーパー
・エコカラット(INAXの壁材)


1:日々の消臭
外から帰宅したら、靴を脱いですぐに10円玉を入れておきます。片足につき1枚。
両足で20円で大丈夫です。銅の消臭効果が、靴の臭いを取ってくれます。日々の簡単な消臭ならこれで十分です。

2:汗をかいた靴の消臭
暑い日にパンプスや革靴を履いていると、足も大量の汗をかきます。筆者は重曹を入れた小さな袋を幾つか作っておき、帰宅したらその袋を靴に入れます。重曹が湿気を取り、消臭効果もあります。

3:雨に濡れた靴の消臭
雨の日に靴が濡れてしまったら、まず水けを取ることが重要です。
中に新聞紙を詰めて、靴自体も新聞紙で包みます。そのまま一晩置き、翌朝新聞紙を取り除きます。重曹を入れた袋を靴に入れて、陰干しします。


・下駄箱の消臭方法

1:トイレットペーパーを置く
下駄箱にトイレットペーパーを置くだけですが、下駄箱の臭いが軽減されます。下駄箱1段につき1個程度置いています。下駄箱に置いたトイレットペーパーは、定期的に交換する方が良いそうです。
トイレットペーパーに臭いはつかないので、下駄箱から出したトイレットペーパーはトイレで使用可能です。

2:エコカラットを置く
INAXのエコカラットという壁材があります。これをシューズ・イン・クローゼットの棚に敷き詰め、その上に靴を置いています。シューズ・イン・クローゼットが下駄箱よりも大容量の為、消臭剤やトイレットペーパーでは賄いきれませんでした。
エコカラットはタイル状の壁材で、もともとは壁紙の代わりに壁に貼り付けて使うものです。湿気を取り、臭いを取る効果があるそうです。
ホームセンターでもばら売りされています。無臭とまではいかないものの、臭いは大幅に軽減されました。

皆さんも是非お試しください。
ハウスクリーニングのお問い合わせはこちら
ページトップ