重曹・お酢を使ったエコなお掃除方法

2016年11月20日

11月も半ば、大掃除の季節がやって来ました。
用途別に分かれた洗剤を購入するのも良いですが、
重曹と酢を使って環境に良いエコなお掃除をしてみませんか?

今回ご紹介するのは、重曹と酢を使ったエコなお掃除の仕方です★

重曹とは炭酸水素ナトリウムのことで、pHは弱アルカリ性です。
もともと自然界に存在するものなので、環境に優しく人体に無害なのが特徴です。


・重曹水と酢水を作る

重曹水の作り方
→ 水250mlに重曹大匙1杯の割合で入れたものをスプレー式容器に入れておきます。


・酢水の作り方
酢(普通の米酢で可)を2~3倍の水で薄めたものをスプレー式容器に入れておきます。
酢のツーンとする匂いが苦手な人は、薬局でクエン酸を買って来て、水200mlにクエン酸小匙1杯の割合でクエン酸水を作って代用出来ます。


・地の塩社 クエン酸(300g)
どちらも使用するときは、よく振って混ぜ合わせてから使用しましょう。


・換気扇
重曹水を油で汚れた換気扇の羽などにスプレーし、その後酢水をスプレーします。
泡が出て、油汚れを落としてくれます。しばらく置いた後、スポンジなどでこすり洗い流します。


・排水口
重曹水を排水カゴにスプレーし古い歯ブラシなどで汚れをこすり落とします。水で綺麗に洗い流した後は、匂い対策に酢水をスプレーしておきます。酢水は消臭・殺菌効果もあります。

排水口のつまりには、重曹を粉のままふりかけ、レンジで温めた酢を注ぎます。
泡が出て、汚れを溶かします。そのまま2時間後くらいによく洗い流します。


・ガスコンロ台
使用してまだ温かいうちに、重曹水をスプレーして汚れを拭き取ります。
その後、酢水をスプレーして乾いた雑巾などですっきり拭き取ります。



いかがでしたか??この方法で、
お風呂場の排水口にも利用出来ますし、浴槽やトイレの掃除にも同じような方法で、利用出来ます。
是非お試しくださいね!!
ハウスクリーニングのお問い合わせはこちら
ページトップ