重曹を使ったお掃除方法とは

2015年6月20日

ガスレンジの受け皿、魚焼のトレーや網は、
苦手な掃除の五本の指に入ります。

料理をして食後にやらないといけないと思いつつも
放置してしまいがちです。

習慣にしてしまえば汚れのつき方も随分違いますが、
満腹の状態で掃除することは難しいことです。

本格的な掃除の時も大変さが違ってきます。

酸性の油汚れにはアルカリ性の重層を使います。

作り方は、水500mlに対して、
小さじ4杯の重層を溶かします。

ガスレンジや魚焼のトレーや網のように取り外せるものは、
つけ置きにします。

油汚れには古くなった歯ブラシや隅の取りにくい所は、
鋭角なへらを使って落とします。

油汚れは厄介ですから、
歯ブラシやへらは使い捨てにしましょう。

レンジ台などの浸け置きにできないこびりつきには
重層を直接ふりかけると後がとても楽になります。

その後、湿らせた布でふき取ります。

重曹を使った掃除は本格的な掃除でまとめて行ってしまいましょう!
ハウスクリーニングのお問い合わせはこちら
ページトップ