重曹で水周りの臭いを取る方法

2016年11月30日

水周りって、すぐに臭いが出ますよね。
すぐにヌメリと共に臭いが出てくるので、コマメに臭い対策しましょう。


そこで今回は、重曹を使ったやり方を書き出してみました。


・用意するもの
・重曹
・クエン酸
・スプレーボトル
・スポンジ
・雑巾


・重曹水
ぬるま湯250mlに対して重曹大さじ1程度の割合で作ります。
出来た重曹水はスプレーボトルに入れておくと使う時に便利です。


・クエン酸水
水200mlに対してクエン酸小さじ1程度の割合で作ります。
出来たクエン酸水はスプレーボトルに入れておくと便利です。


・シンク
STEP1
シンクに重曹水を吹きつけ、汚れを浮かせます。


STEP2
スポンジに重曹水をつけて洗います。
このとき、汚れ落ちに満足いかなかったら洗剤でもよいです。

粉状の重曹はクレンザーとしても使えるので、こびりついた汚れには重曹の粉を加えて洗います。


STEP3
蛇口など細かい所の汚れは古い歯ブラシなどで丁寧に洗います。
重曹に少し水を加えてペースト状にして磨くと水あかなど落としやすいと思います。


STEP4
全体を一回洗い流して水拭きし、仕上げにクエン酸水をスプレーしてから、乾いた雑巾で水分が残らないように拭き取ります。


・排水口

STEP1
ゴミ受けカゴや菊割れゴムなど、外れるものは外して、重曹水を吹き付けるか、重曹水に漬けて汚れを浮かせます。排水口には重曹水を吹き付けておきます。


STEP2
スポンジに洗剤をつけてゴミ受けカゴや菊割れゴム、排水口を洗います。


STEP3
細かい所の汚れは古い歯ブラシなどで丁寧に洗います。


STEP4
洗い流します。


STEP5
排水口に、重曹を粉のまま一カップほど入れます。


STEP6
排水口に、一カップの水にクエン酸を小さじ一溶いたものを入れます。


STEP7
発泡してきたら、そのまま一・二時間放置します。


STEP8
水道の蛇口をあけて、一分くらい水を流して終了。


・お風呂・洗濯機
お風呂や洗濯機の排水口なども、基本的なやり方は同じです。

外せる部分は外して洗い、重曹とクエン酸で汚れを浮かせて水で流します。
排水口が小さい場合は、重曹やクエン酸の量を調整した方がよいかもしれません。


・維持
重曹水を排水口にコマメにスプレーしておくと、重曹に臭いを取る効果があるので、違ってくると思います。

ペパーミントなどハープを育てておいて、ゴミ受けに入れておくのも良いです。


もうすぐ12月です。
年末を前に少しでも先にお掃除しておくと良いですね!!
ハウスクリーニングのお問い合わせはこちら
ページトップ