美部屋を保つ!各部屋のインテリア用品のお掃除方法

2017年4月15日

4月に入って、引越しや新生活を始める人が多いですよね。
また気分一新して、部屋を模様替えしたり、綺麗に保ちたいとお考えの人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、「インテリア用品掃除リスト」をご紹介します。


◎リビング、ダイニング編
リビング、ダイニングは1日の中でも最も長い時間過ごす場所ではないでしょうか?
私も常にリビング、ダイニングに居る気がします。
常に居る場所はいつもスッキリきれいに保ちたいものですね。


ここで、掃除するべきインテリア用品の掃除箇所は・・
・フローリング→ホコリをとる。特に隅にたまりやすい為、四隅を意識
・棚・チェスト→棚上のホコリをとる。窪んだ部分にホコリがたまりやすいので注意
・テーブル→拭き掃除をする
テーブルの上の物は一旦全て取り除いてから吹き上げると効率的。
※脚は盲点になりがちでホコリがたまりやすいので注意!!
・椅子、ソファなど→テーブル同様、脚は盲点になりがちでホコリがたまりやすいので注意!!


◎寝室編
寝室は居る時間が短いですが、1日の疲れをとる場所です。
きれいにスッキリと掃除しておきたいですね。


◎ここで、掃除するべきインテリア用品の掃除箇所は・・。
・フローリング→ホコリをとる。特に隅にたまりやすい為、四隅を意識
・ベッドの棚、サイドの棚→棚上や窪んだ部分のホコリをとる
・ベッド本体→ベッドフレームもホコリがたまりやすいのでこまめに掃除
・ドレッサーやチェストなど→棚上のホコリをとる。
※窪んだ部分にホコリがたまりやすいので注意!!


◎キッチン編
キッチンは最も汚れやすい場所です。
毎日の料理をする場所ですから、こちらも清潔を保ちたいものです。

・ここで、掃除するべきインテリア用品の掃除箇所
・フローリング→ホコリが隅にたまりやすい為、四隅を意識して掃除。
キッチンは油汚れなどがつきやすいので、拭き掃除をする
・食器棚→食器棚の形状にもよりますが、扉や棚の窪んだ部分などはホコリがつきやすいので注意!
→家電をおいている場合は、家電の上や周りのホコリをこまめに掃除。
・調理台→調理台は、直接料理を置くなど清潔を保ちたい場所。
清潔なふきんなどを用意しておき、こまめに拭き上げる。



いかがでしたでしょうか。
それぞれ、毎日居る場所なので綺麗に保ちたいですね!
定期的にお掃除することをおすすめします!!
ハウスクリーニングのお問い合わせはこちら
ページトップ