簡単に作れる!お掃除棒を使ったお掃除方法

2016年12月24日

ちょっとお掃除がめんどくさい部分や、細かい部分などはお掃除棒があると便利ですよ。
家庭にあるもので作れるんです!!
今回は私がやっているお掃除棒の作り方・お掃除方法をご紹介します。


~お掃除棒の作り方~
用意するもの
・わりばし
・新聞紙


作り方
新聞紙を5センチ位の幅で切ったら、わりばしにクルクル丸めて完成です。
大きさは特に決まりは無いので自由に調節して下さい

厚く巻き過ぎると、狭い部分のお掃除がしにくくなるので、巻きながら長さは調節して下さいね。


・お掃除棒の基本的な使い方
完成したお掃除棒の新聞紙部分を水で濡らして、ちょっと掃除しにくい部分のお掃除に利用します。

・お掃除棒で落とすのに向いている汚れ・場所
窓の桟や窓枠、コーナー部分などの狭くてお掃除しずらい場所にたまったホコリや砂ぼこりなどの掃除に適しています。


・お掃除棒以外に用意する道具(水や洗剤など)
お掃除棒が完成したら、新聞紙部分を濡らして使用しますが、
ちょっとコビリついた汚れの場合は、食器用洗剤を1~2滴付けてやるといいですよ。


・お掃除棒自体のお手入れ方法
お掃除が終了したらそのまま捨てても構いませんし、再利用する場合は、
間違えて使わないように、別の場所に収納するようにしましょう。
また新聞紙を丸めた棒の部分は濡れているので、乾燥させてからしまいましょう。


・お掃除棒を使う時に注意すべきこと
新聞紙部分が汚れたり、ヘタってきたら、こまめに取り替えましょう。
先端部分を捨てて新しくクルクル丸めて付け替えるだけなので、雑巾でお掃除するよりとてもラクチンです。


いかがでしたでしょうか。
汚れたら新聞紙を変えるだけなので、お掃除も楽々ですね!
ぜひお試しください★
ハウスクリーニングのお問い合わせはこちら
ページトップ