窓ガラス掃除のコツ

2015年6月30日

みなさんは、普段から窓ガラスを掃除していますか?
また、どのように掃除をしていますか?

窓ガラスの汚れが、
空気の汚れやほこりが少し付着している程度でしたら、
洗剤などは不要です。

その時の掃除方法は、新聞紙を破って丸め、
水で軽く湿らせて拭きましょう。

そして窓ガラスについた水分が乾かないうちに、
次は乾いた新聞紙で乾拭きしましょう。

この作業をすると、新聞紙のインクの成分でピカピカになります。

古新聞を使えるので、とても経済的な掃除方法ですよね。

新聞紙がない場合では、
水拭きを2回繰り返して最後に乾拭きをしてください。

一般的に、窓ガラスが軽く汚れているだけでも
ガラス用洗剤を使ってしまうことが多いです。

しかし、これは逆効果となりかねません。

なぜなら、窓ガラスが割りと綺麗なのに掃除をしていると、
ついつい気が緩んでしまって拭きムラができやすいからなのです。

ですので、ガラス用洗剤を使用する時は、
タバコのヤニや油汚れで本当に汚れている、
という状態がちょうど良いと言えるでしょう。

このように、汚れの度合いによって
窓ガラスの掃除方法を変えて、常に綺麗な窓ガラスを保ちましょう。
ハウスクリーニングのお問い合わせはこちら
ページトップ