浴室の基本的なお掃除方法

2017年12月8日

皆さんは浴室のお掃除ってどのくらいの頻度で行っていますか??
私は基本的には毎日行ってます!
水を使う場所は常に毎日の掃除が必要です。
放っておくと水垢がついたりカビの発生を促します。特に浴室は体を綺麗にする場所ですので、尚更清潔感が必要な場所といえます。

そこで今回は基本的な浴室のお掃除方法につい紹介します!

◎汚れやすい場所
まずは水垢ですが、どんなに乾燥させたり風通しをよくしても水垢はバスタブを初め、浴室のいたるところについています。
次にカビですが、特に排水溝やタイルの継ぎ目、そしてドアのゴム部分にいつのまにか発生しています。

◎浴室用洗剤以外に用意する道具
・風呂場専用のスポンジ
・水
・浴室用洗剤の基本的な使い方

STEP1:スポンジに洗剤をつける
スポンジに少量の水を含ませて洗剤をスポンジに吹き付けます。この時、スポンジに水が含まれていることで洗剤の伸びがよくなりますし、スポンジに洗剤を吹き付けることで余分な場所に洗剤が付着することがありません。

STEP2:汚れを擦る
スポンジで汚れている場所を擦ります。この時に全体を掃除するのであれば上から下に向かって順番に行うとよいでしょう。下から上に行うと掃除した部分に上から汚れが落ちてしまいます。

STEP3:水で流す
磨いた部分をシャワーやバスタブの湯で流しきります。この時に、三角コーナー棚などが置いてあればすべてどかして流すと洗剤の落とし残しがなくなります。

※注意すべきこと
浴室洗剤の使用後は水でよく流すようにしましょう。流したら手や足の裏ですべらないかを確認すると次に入浴する時に安全です。また、前日のバスタブの湯を使用することで水道の節約にもつながります。
バスタブ湯で入浴剤やソープなどを使用した場合には掃除の水として使用するのは控えましょう。かえって滑りを出してしまいます。

いかがでしたでしょうか。
いつでも気持ちよく入浴できるために、毎日の浴室清掃を欠かさず行うことが重要です。
ハウスクリーニングのお問い合わせはこちら
ページトップ