洗濯機の汚れの原因とは

2015年7月10日

いつも汚れた衣類を綺麗に洗ってくれる洗濯機。

洗濯物を綺麗にしてくれるのに、
洗濯機には汚れが溜まってしまいますよね。

今回は、洗濯機はどうして汚れてしまうのか、
どうしてカビが生えてしまうのか、について説明します。

まず、洗濯機は洗濯するたびに衣類の糸くずや、
取れた汚れや洗剤の溶け残りが完全に流れ切らずに残ってしまいます。

その中に、もちろん雑菌が混ざっています。

加えて、洗濯機の中は湿気が逃げにくく、
カビがとても繁殖しやすい場所なのです。

カビの原因となる汚れと湿気が洗濯機には備わっており、
カビが繁殖してしまいます。

これはアトピーの原因と言われている黒カビもです。

洗濯をするたびにそれらの汚れやカビが蓄積していき、
汚れの塊となって洗濯機にこびりついていくのです。

これは2〜3年ほど経つと結構な汚れの塊となり、
市販の洗濯槽クリーナーを使用しても汚れは取れなくなります。

洗濯機の汚れは、洗濯物がカビ臭い、であったり
洗濯物に黒いカスが付着しだして始めて気付かされます。

汚れが蓄積してしまうと、
洗濯槽を分解してクリーニングするしか綺麗にする方法が御座いません。
そうならないように日頃のお手入れが重要なのです。

一度お家で使用されている洗濯機をチェックしてみてくださいね。
ハウスクリーニングのお問い合わせはこちら
ページトップ