水無し魚焼きグリルのお掃除方法

2017年1月9日

皆さんは魚焼きグリル、どのようにお掃除されてますか?
私は魚を焼く以外にもパンを焼いたりするなど活用していますが、
パンを焼いて、パンカスなど気になるときはお掃除してます。

今回はわたしが実践している掃除法を紹介します。


用意するもの
・硬めのスポンジ
・柔らかいスポンジ
・台所用洗剤
・重曹
・布巾
・ぼろ布
・ゴム手袋 (必要であれば)


掃除の頻度とタイミング
パンを焼いた時には洗いません。
トレーにこぼれたパンのかすが気になったら、ぼろ布でふき取ってしまう程度のお掃除をします。
魚を焼いた時は必ず洗うようにしています。
匂いがついているので、次にパンを焼けなくなるからです。今回紹介するのは洗う掃除方法です。


・掃除方法
STEP1:流水で洗い流す
まずトレーについている汚れを流水で洗い流しておきます。


STEP2:トレーをスポンジで洗う
トレーはコーティングされているので中性洗剤のみをつけたスポンジでこすり汚れを落とします。


STEP3:金物やガラスの部分を硬いスポンジで洗う
コーティングされていない金物やガラスの部分は硬いスポンジを使います。
研磨材として重曹をスポンジにのせ、その上に中性洗剤をたらします。


STEP4:汚れを落としきる
こびりついた焦げや汚れをごしごしとこすります。

※魚焼きグリルは金物の突起があったりするので怪我をしないようにこすってください。
手袋をしたほうが安全だと思います。


STEP5:洗剤を洗い流し、ふきんで拭く
流水ですべてのパーツについた洗剤を洗い流したら、ふきんで水気を拭います。

魚焼きグリルは凸凹が多いので、少し水気を切ってから拭く方が楽だと思います。


STEP6:本体部分のゴミを取り除く
本体部分の底にゴミが落ちていたら、ぼろ布を使って取り除いてしまいます。


STEP7:元通りにセットする
元通りにセットします。


いかがでしたか??
全ての汚れに言えることですが、ためこんでしまうと余計に落とすのは大変です。
こまめに掃除する方が最終的には楽ができると思います。
ハウスクリーニングのお問い合わせはこちら
ページトップ