毎日できる!キッチンシンクのお掃除方法

2017年8月10日

シンクの汚れに、クレンザー等使って磨いてしまったことはありませんか?
わたしもついやってしまったことがあるのですが、傷がついて曇ってしまうのであまりお勧めしません。

そこで今回はデイリーでのエコなお手入れ方法についてご紹介します。

◎お手入れの頻度
普段のお手入れとしては、食器等を洗った後、シンクをついでに洗ってあげると良いと思います。
軽くでいいので毎日洗ってあげると水垢などの発生もありません。
また、シンクは塩や醤油などの塩分に弱く、サビやすいです。こぼしてしまったら、シンクだからと放置せず、すぐ拭き取るのが一番です。

◎お手入れに使えるもの
・ジャガイモやオレンジの皮
シンク掃除に良いと言われている野菜くずは様々ありますが、特にジャガイモの皮は洗剤カスなどでついてしまった曇りを取るのにお勧めです。
オレンジ等の柑橘類の皮も、いいニオイがするのでたまに使っています。

・酢
酢は、水垢を落とすのに効果的だと聞いたことがあるので使っています。


◎お手入れ方法
デイリーでのお手入れは、食器を洗うたびにスポンジで最後にシンクを洗ってやるといいと思います。スポンジは必ず食器洗い用の柔らかい物を使ってくださいね。食器洗いに使ったスポンジをそのまま使えば、洗剤などの無駄もなくなります。

・じゃがいもの皮を使う
お風呂の鏡などにも使うと曇りが取れ、曇りの予防効果もあるそうです。サポニンという成分が効果的なんだとか。剥いた後の皮をシンクに直接こすりつけて使います。
シンクを掃除したいからといってわざわざじゃがいもを剥いたりはしませんが、料理で使った後などに気が向いたら皮で磨いています。

・酢を使う
水垢を落とすのにいいそうです。安い穀物酢で十分です。著者宅では水垢まで発生することはないのであまり使いませんが、ついてしまった水垢汚れにはお酢パックをすると効果的です。

※やってはいけない掃除
クレンザーでごしごし磨いてしまいますと、細かい傷がついて、いつもシンクが曇っているような状態になってしまいます。
固いスポンジやタワシなども、シンクを傷つける原因になりますので避けましょう。


いかがでしたでしょうか。
普段捨ててしまうジャガイモの皮もお掃除に使えるなんてとってもエコですね。
こういったものをうまく使ってお掃除することをお勧めします!!!
ハウスクリーニングのお問い合わせはこちら
ページトップ