掃除が苦手な人のための収納術

2016年3月26日

部屋をきれいにしておかないと見た目が悪いだけでなく、ホコリなどで汚れて健康にも悪いものですが、掃除をするのが面倒だったり苦手に感じる人もいることでしょう。

そういった人の場合には、収納の仕方を工夫することで、掃除がしやすくなることもありますから、覚えておくと便利なものです。

例えば、物をしまう時というのは、小分けにしておくと整理整頓がしやすくなって良いものです。
もし棚や押し入れに物を入れる時に、何も考えずにひたすら入れていったら、手をつけるのが嫌になってしまうこともあるものです。

また、物をあまり重ねないというのも、意識しておくと良いポイントです。
物が重なっていない方が、見た目がスッキリとしますし、掃除もしやすいものです。

なお、物によっては立てかけるという形で収納するのも良いものです。
横にして下に置いたりすると、やたらと幅をとって圧迫感がありますし、上にホコリがたまってしまいます。
また、この状態だと邪魔になってしまい、掃除がしにくくなるものです。

立てかけておくと、スマートに見えますし、掃除もしやすいものです。
ただし、高さのある物は倒れると危ないですから、立てかけ方や場所に注意すると良いです。
ハウスクリーニングのお問い合わせはこちら
ページトップ