掃除ができない人の共通点

2016年3月28日

掃除ができない人には、ある共通点がみられます。

それは「物が捨てられない」ということです。
本当に必要なものかどうか、その判断を後回しにするタイプの人も「物が捨てられない」タイプであるといえます。
後からまとめて捨てるから…そう考えていると、どうしても不要なものが溜まるものです。
そしてその物に囲まれた状態が窮屈でイライラしてしまうという傾向もみられます。

実は物が溜まるということは悪循環をもたらします。
物が溜まると、棚や床、テーブルの上などが物であふれかえってしまい、それを移動して掃除するということが面倒くさくなってしまいます。
このためその部分に埃やごみが溜まってしまい、どうしてもすっきりとした部屋になりません。
あふれかえる物に埃…こんなに窮屈なことはありませんから、部屋にいても落ち着かなくなってしまいます。
そして精神状態がイライラしてきてしまうのです。

部屋の乱れは心の乱れ…とはよくいったもので、心にゆとりがある人ほどきれいな部屋をキープしているものです。
心当たりがある方は、まずは物をため込まない、ということから初めてみましょう。
ハウスクリーニングのお問い合わせはこちら
ページトップ