布団の正しいお掃除方法

2016年4月24日

毎日心地いい睡眠を与えてくれる布団。
干したてのふかふかの布団で眠ると気持ちがいいですよね。

 

しかし、お手入れを怠るとあっという間にダニが増え、不衛生なものとなってしまいます。
そこで今回は布団の正しいお掃除方法についてご紹介したいと思います。

 

布団は洗濯をすることは難しく、湿気がこもりダニの大好きな環境です。
ダニを除去するためには乾燥させることが大切です。
一番有効なものが昔ながらの天日干しです。

 

天日干しは、カラッとした晴天の日の正午前後の2〜3時間、両面を干すと効果的です。
日光があたってない面へダニは逃げてしまうので、内部に熱をこもらせて高温を維持するとさらに効果的です。
内部に熱をこもらせるためには、上から黒い布やビニールなどをかけて、太陽の熱を吸収させます。

 

取り込む時にはバンバン叩かずに、払う程度にしておきます。
取り込んだらなるべくすぐに掃除機をかけます。
ダニの死骸や糞などを吸い取るのです。

 

近年、ダニを除去するという掃除機も多く販売されていますが、昔ながらの天日干しの方が効果があるのではないでしょうか。

 

布団のお手入れをし、毎日気持ちよく眠ることができるといいですね。
ハウスクリーニングのお問い合わせはこちら
ページトップ