子供のいる家庭にオススメ!カーペットの汚れを防止する方法

2016年7月22日

普段みんなが集まるリビング。
ここが一番汚れやすい場所ですよね。
特に子供のいらっしゃるご家庭はより汚れがきになりますよね・・。

そこで今回は、汚れやすいカーペットのお掃除方法について
お教えしますね。


▼汚れ防止対策に必要な道具
・スリッパ
・新聞紙
・レジャーシート


▼汚れ防止対策の方法

STEP1:スリッパを履く

フローリング部分の廊下やキッチンから足に汚れが付くと、
そのままのカーペットにも汚れやほこりが移ってしまいます。そのため、
家族全員がフローリング部分ではスリッパを着用し、カーペットに汚れが付かないようにしています。

→スリッパも清潔に保つため、定期的に洗濯するようにしています。


STEP2:食事の時にレジャーシートを使う

カーペットの汚れの原因は子供の食べこぼしなどもあげられるようです。
そこで、子供の食事の時に座る椅子の下に、
レジャーシートを敷き、カーペットの直接食べ物がこぼれないように工夫すると良いそうです。

子どもがいないご家庭でも、不意に食べ物や飲み物をこぼしてしまうことがあると思いますので、食事中はシートを敷くことをおすすめします。

★撥水性のあるレジャーシートは、汚れてもお手入れも簡単なのでオススメです。


STEP3:レジャーシートをしまう

レジャーシートは、食事が済んだらしまいます。


・新聞紙を使う

子供はお絵かきが大好きです。ペンや色鉛筆やクレヨンなどを、床一面に広げてお絵かきをしています。
時々、夢中になりすぎてスケッチブックをはみ出し、カーペットに描いてしまうこともあるかと思います


そこで、お絵かきをするときには、カーペットの上に新聞紙を敷き、
その上にスケッチブックを置くと良いでしょう。
新聞紙なら、はみ出して絵を描いてしまっても大丈夫ですし、カーペットが汚れることもないのでオススメです。


お絵かき以外にも、カーペットが汚れてしまいそうな作業の時には新聞紙を使うのが便利です。


▼汚れ防止対策の頻度

スリッパは、常時履くようにしています。
特に、調理でキッチンに立つときは欠かせません。


★カーペット汚れ防止対策で注意すること


幼い子どもがいる場合、大人だけで生活しているよりも格段にカーペットが汚れます。
あまり神経質にならず、子どもが幼い今だけだと割り切って、自宅で洗濯できるタイプのカーペットを購入するのも良いと思います。
ハウスクリーニングのお問い合わせはこちら
ページトップ