嫌な部屋のタバコの匂いを消す方法

2016年6月10日

タバコを吸わない人にとって、人のタバコの煙や臭いは不快なものですよね。
その匂いは部屋の壁や衣類についてしまうのは、
仕方ないことですよね。


いくら喚起してもタバコの臭いは早々取れません。
部屋に臭いが染み付いてしまっているからです。
そこで今回は、部屋についてしまった嫌な臭いを消す方法をご紹介しますね。


煙草のにおいがつきやすいものNO1は、「布製品」と「壁」です。
その2つを消臭すればにおいはほぼ消えると感じます。


「用意するもの」
・消臭スプレー
・お湯
・ぞうきん
・洗濯用洗剤
・芳香効果のある洗剤


★布製品のにおいを消す方法

カーペット、カーテン、ソファカバー、クッション、クッションカバー、こたつカバー
とにかく洗えるものは、洗濯機で洗い天日干します。
その時に、消臭効果や芳香効果のある洗剤や柔軟剤を使うと効果的です。


カーテンなどは天気の良いときに洗濯して、
脱水を長めにかけた上で、元のようにカーテンレールにかけておけば室内でも1日で乾きます。

★壁のにおいを消す


消臭スプレーをかけるか、消臭スプレーの水分で湿気で壁紙が痛むのが気になる方は
お湯に少量の洗濯洗剤を溶いたものでぞうきんを浸し、固く絞ったもので壁を拭きます。


仕上げ拭きに芳香効果のある洗剤や柔軟剤を使うと、部屋の中がとても良いにおいになります。


・所要時間・頻度

壁の拭き掃除は、一部屋5~6分で出来ます。
洗濯は、天気の良い日であれば干したもの全て1日で乾きます。


煙草をよく吸う人がいるご家庭では、
拭き掃除は週1、2回、洗濯はだいたい月1回のペースで行うことをオススメします。
ハウスクリーニングのお問い合わせはこちら
ページトップ