壁紙が汚れやすい場所

2015年12月5日

家の中で一度汚したらもう落ちないのが壁紙です。

そのトップバッターはキッチンです。

ここは油はねがギドギドして壁紙がすぐに変色してしまいます。

汚れが落ちやすいビニールタイプであれば毎日拭いてあげることで回避できます。

しかし水分を吸いとるタイプの壁紙では、拭くたびに素材が剥がれていきますから薄くなる上に汚れが入っていきます。

トイレの壁紙はもっと激しくなります。

手を洗う度に水はねがしますし、便器から水が飛び散ったりします。

吐いた時など意外に離れた場所に飛散していることがあります。

汚れているのは床だけではないのです。

浴室や洗面所まわりでは全体的に深刻です。

お風呂上りの湿気で浴室付近の壁紙は蒸れているからです。

洗顔の場合も鏡が曇るほどお湯を使うと、熱気で洗面所自体がスチーマー状態になります。

そうすると汚れじみで茶色く変色します。

子ども部屋に至ってはどこに手あかが付いているか分かりません。

クレヨンを握ったあとで壁に手を突くだけでアウトです。

子どもは親の知らないうちにベタベタ触っているからです。

こうして誰も気付かないうちに壁紙は汚れていきます。
ハウスクリーニングのお問い合わせはこちら
ページトップ