古くなった歯ブラシで簡単掃除

2016年12月14日

蛇口周りの根元のヌメリ掃除は皆さん行っていると思いますが、
忘れがちな場所が水が出てくる蛇口部分の掃除ではないでしょうか。

蛇口部分はよく見るとゴミが溜まっていたり、カビが生えていたり、ヌルヌルしているので、掃除をするとスッキリしますよ。

今回はキッチンの蛇口のヌメリの掃除方法をご紹介します。


▽掃除道具・掃除場所について
・道具
・重曹
・クエン酸水(水200ml+クエン酸小さじ1)
・古歯ブラシ
・タオル


▽掃除する場所について
・キッチンの蛇口の根元部分
・水が出る蛇口の部分


▽キッチンの蛇口の掃除方法
STEP1:蛇口の口を外す
蛇口の口を回し、外します。

外せない場合、口部分に濡れた布巾をかぶせ、その上からモンキーレンチで回すと取れます。


STEP2:古歯ブラシで汚れを落とす
中のパーツを2つに分けて、網に溜まっている汚れやヌメリを古歯ブラシで丁寧にこすり落とします。終わったら戻して、しっかり閉めます。


STEP3:蛇口周りを古歯ブラシでこする
重曹を粉のまま蛇口全体に振りかけて、細かい部分まで重曹が行き届くように古歯ブラシでこすります。

重曹は細かい粒子で隙間まで入り込んで汚れを落とします。


STEP4:クエン酸水をスプレーして古歯ブラシで磨く
重曹が残っている蛇口に、直接クエン酸水をスプレーしたら、古ハブラシでこすります。

重曹はアルカリ性、クエン酸は酸性なので中和して発泡します。


STEP5:水で洗い流してタオルで拭く
重曹とクエン酸水と汚れを水でしっかり洗い流したら、乾いたタオルで拭き、掃除は完了です。


・心がけるべきポイント

クエン酸水は酸性なので、塩素系の洗剤と一緒に使わないでください。蛇口の水分を拭き取り、乾燥している状態にしておくと、ヌメリが発生しにくくなります。


▽掃除の頻度やタイミング
蛇口の根本部分は3日に1度ほど、水が出る場所の分解掃除は3ヶ月に1度のペースでやるとヌルヌルしません。
ハウスクリーニングのお問い合わせはこちら
ページトップ