冷蔵庫のお手入れの基本

2015年7月14日

みなさんは、普段使用している冷蔵庫を
きちんとお手入れしていますか?

気づけば冷蔵庫の野菜室には野菜のカスがたまっている・・・や、
液体の汚れが冷蔵庫にこびりついている・・・
なんてことにはなっていませんでしょうか。

今回は、冷蔵庫のお手入れの基本を紹介いたします。

まず、普段のお手入れは、
食べ物の整理も兼ねて温かいお湯でしぼったタオルで
冷蔵庫の中やドアを吹くようにしておきましょう。

そして、半年に一度のペースで
冷蔵庫の中身の整理も兼ねて大掃除をしましょう。

大掃除の際で冷蔵庫の内部の掃除をする時は、
できれば冷蔵庫の電源を切って掃除をしましょう。

冷蔵庫内をすべて空の状態にし、
分解できるパーツは取り出します。

そして食器洗い用の中性洗剤を
ぬるま湯で薄めたものを布に染み込ませ、拭きましょう。
その次は、水拭きをし、最後に乾拭きをします。

汚れが一通り落ちたら、
最後に消毒用エタノールを含ませた布で拭きます。

これは冷蔵庫の除菌・消臭効果があります。

また、冷蔵庫の内部だけでなく、
外の部分、とりわけ上の部分はキッチンの油汚れが加わって
とても汚れが落ちにくくなっています。

この部分の掃除方法hあ、家庭用のアルカリ洗剤を吹き付けて、
ブラシなどで伸ばしてからサランラップで10分ほど覆い、放置します。

そのあとは水分を含ませたスポンジで汚れをこすり落としてください。

このように、普段からのお手入れと定期的な大掃除が重要です。
ハウスクリーニングのお問い合わせはこちら
ページトップ