ワックスをかけるときに気を付けること

2016年5月24日

ワックスをかけるときに気を付けることを説明します。

まず、ワックスをかける時の服装です。
汚れる可能性もあるので汚れてもいいものにしましょう。

また、きれいな状態でいなければいけないのでセーターなどの毛玉ができるような服は着ないようにしましょう。

ワックスをかけるときは天気のいい日にしましょう。
雨や風のある日は避けてください。
湿気や風によってゴミがはいってきます。

これが一番重要ですが、ワックスをかけるまえに部屋をきれいにしておきます。
埃や髪の毛やよごれなどがあってはワックスはかけられません。

まずはじめに掃除機でごみをとり、かるく雑巾がけをしてきれいにするようにして下さい。
水ぶきをした後は床が完全に渇いてから行ってください。

早くかわかしたいときには扇風機などでかわかすのをおすすめします。
冷房、暖房などを使うこともいいですがフィルターに埃が溜まっている場合、せっかくきれいにしたのにほこりがまってしまうので注意しましょう。

ワックスをかけるときにはかけるときよりも最初にする準備が大事になってきますので丁寧に細かく行ってください。
そうするとワックスがけもうまくいきます。
ハウスクリーニングのお問い合わせはこちら
ページトップ