ベランダ掃除のやり方

2017年2月18日

戸建も集合住宅も、多くの場合ベランダがついていると思います。
このベランダ、屋外なので、掃除しないととても汚れてしまいがち。

でも洗濯ものや布団を干したりする場所でもあるし、屋外と言っても室内とほぼ地続き。
綺麗にしておきたいものですよね。

ゴミがあるままにしておくと、風に煽られてよそのお宅にゴミが飛んで行ったり、迷惑をかけてしまうことも考えられます。

そこで、ベランダ掃除のやりかたと、気をつけたいことをご紹介します。


その1:ゴミの種類
ベランダにはどんな汚れが溜まるのでしょうか。
風に乗ってきた砂、土、葉っぱなどのゴミ、洗濯ものから落ちた埃、部屋から出た綿ぼこりなどが主な汚れではないかと思います。

そういったゴミは、やはり掃き掃除で綺麗にするのが一般的。
でもここで注意したいことがあります。


・掃き掃除は埃が舞い立つ
砂や埃があるところをそのままホウキで掃くと、かなりの埃が舞い立ちます。
戸建の場合下の玄関部分が汚れたり、集合住宅なら下の階で布団を干しているところに埃が落ちる心配も。

部屋への窓を開けたまま掃除すれば部屋の中にも汚れが来てしまったり、洗濯物や布団が干してあれば、それも汚れてしまいます。


その2:ベランダ掃除のしかた
ではどのように掃除をすればよいのでしょうか?気をつけたいポイントを挙げて行きたいと思います。


・ベランダの状態
まず気をつけたいことは、洗濯物や布団が干していない状態で掃除すること。これは基本です。


・窓
続いて、部屋への入り口は必ず閉めること。汚れを拡げないためにも大切なことです。


・下準備
次に、目に付く大きなゴミは、ホウキで履く前にゴミ挟みやティッシュなどで取り除くようにしましょう。

砂や埃が多い場合は、下層階にこぼれることがないよう注意しながら少量の水をまいてから掃くようにするとよいでしょう。


・片付け
掃除が終わったら、必ず塵取りにたまったゴミは捨てるようにしましょう。
そのままにしておくと、ふた付きの塵取りでも、風にあおられてゴミが出てしまう場合もあります。



綺麗なベランダを保つためにも、
定期的にお掃除することをおすすめします!!
ハウスクリーニングのお問い合わせはこちら
ページトップ