フローリングの床のお手入れ方法

2017年10月31日

フローリングの床はワックスで保護されています。
ウッドデッキと違い、フローリングそれ自体が汚れにくくなっています。台所で水や汁をこぼしたら、すぐに拭くようにしましょう。

今回はそんなフローリングの床のお手入れ方法を紹介しますね。

◎お手入れ方法 やり方 
専用の道具(薬剤等)を使うようにします。
ワックス、光沢剤等はフローリング専用のものを利用しましょう。
その上で、床を傷めない方法での掃除を心掛けます。

STEP1 ドライで埃払い
まずはドライで埃払いだけ、が基本です。頻繁に濡れたぞうきんで拭いてしまうと、乾ききらない水滴の微粒子の跡が形になって残ってしまうことがあるからです。
かわいたぞうきんの場合は、天日干ししたあとの清潔なものを使用しましょう
クイックルワイパーなどのドライタイプを日常ではオススメします。
乾燥していて軟らかい布などであれば床を傷つけませんし、清潔です。
普段のお手入れに硬めのホウキで掃いてしまうと、ブラッシング状態でワックス成分が削られてしまいます。あくまでも軟らかくて軽い素材がオススメです。

STEP2 ウェットで除菌
汚れが目に付いたときはウェットタイプにしましょう。除菌シートタイプのもあります。ドライシートはドライのままで使用したほうがフローリングの床には安全です。
市販品の多くは、ワックス成分を溶かさないように調整してあるので安心して使えます。ウェットタイプは週に一度程度で充分です。
ドライタイプのシートに自分でアルコールなどを滲みこませて使用してしまうと、ワックス成分が溶けてしまい、はげたような跡ができてしまいます。


いかがでしたでしょうか。
磨きすぎるとワックス成分をはがすことになり、かえって床を傷つけてしまいます。肌のお手入れのようにソフトに行うのが、フローリングの床を長持ちさせるコツです。
ハウスクリーニングのお問い合わせはこちら
ページトップ