パソコン内部の埃を取るお掃除方法

2016年11月10日

パソコンの内部の誇りをそのままにしておくと、音が大きくなったり、故障の原因になります。
パソコンのメンテナンスといえば、いらなくなったファイルの削除など内側の手入れがまず、頭に浮かびますが、埃などで汚れている外側のお掃除も忘れてはいけません。


・パソコンの掃除について

掃除の前に気をつけなければいけないことは、パソコンはは精密機械だということです。
適当に掃除するとかえって故障の原因になってしまう場合があります。


・デスクトップパソコンの掃除について

パソコンの壊れる原因の多くがパソコンの内側の埃がショートしたり、ファンにほこりが詰まりうまく冷却ができなくなったりすることで壊れることが多いそうです。

ファンに埃が詰まっていると、パソコンの音が大きくなります。
ときによっては、ファンの熱から埃が引火して、火事になることもあります。

ほこりが詰まった状態のままパソコンを起動させていると、
うまく冷却できないのでパソコンの動作が重くなったりするので、パソコンのお掃除は絶対大事です。


※パソコンの掃除での注意
静電気に注意すること。

パソコン内部で静電気が起こった場合は即アウトです。
静電気が起きやすい冬場などは掃除を避けたほうがいいようです。


・冬場の静電気
どうしたら静電気を回避できるかというと,パソコン内部を触る時は必ず金属のドアノブなどを触って放電させてからにします。


・掃除道具と掃除の仕方
・必要な道具
・掃除機(細いノズル付き)、はけか筆のようなもの、ダスター


▽掃除のやり方
掃除機のノズルを使って、埃を吸い取ります。
重点を置いて掃除して欲しいのはファンと排気口です。

パソコン内部というのは、かなりの熱を発します。
そこを冷やすためにファンと排気口がのですから、ここがほこりなどで詰まったりすると
熱を外に逃がせなくなりパソコンが壊れたり、動作が鈍くなったりと様々なトラブルが起こります。

パソコンの掃除はファン掃除と排気口がメインといっても過言ではありません。


・PC接続部分と排気口の掃除
当たり前なのですが、必ず電源を抜いてください。
ここには排気口などあるので掃除機のブラシを使って、埃が残らないように吸い取ります。

パソコンのケースを開ける作業なのですが、ケースによってドライバーを使ったり、開き方が違います。パソコンケースから外したネジは箱などに保管して無くさないようにしましょう。

ファンの掃除をするときは、ファンを手で直接触ったり、
掃除機でゴシゴシ吸ったりすると、ファンの軸がずれて音がうるさくなったり、うまくファンが回らなくなり廃熱されなくなる恐れがあります。

筆などで、やさしくほこりを払ってください。
その後で外に飛んだほこりを掃除機で吸い取ります。



いかがでしたか??
パソコン、長く使いたいですよね!!
そのためにお掃除は定期的に行ったほうが良いみたいです★
ハウスクリーニングのお問い合わせはこちら
ページトップ