パイプユニッシュの使い方

2016年6月26日

お風呂場や洗面所の排水には、髪の毛が流れ込んでしまっているものですよね。出来れば髪の毛なんかは排水溝に流さないようにしたいものですが、簡単にはいきませんよね。
洗面所の「曲がった排水溝」は、意外と盲点です。少しつづ、たまっていたりします。


重曹やクエン酸などの「天然系」では、掃除しきれていないと感じることは、ありませんか。


髪の毛も溶かしてしまう強力な「排水溝掃除」の味方が、
「パイプユニッシュ」です。でも、「パイプユニッシュ」には使い方がありますので、ご紹介します。


・用意するもの
パイプユニッシュ(髪の毛も溶かす、という表記のある強力な排水溝掃除用の洗剤)


・STEP1

排水口から排水溝にパイプユニッシュを流し込みます。


▼量はキャップの「4~5目盛り」です。取り扱い上の注意点を読んで確認したうえで使用しましょう。

パイプユニッシュは、排水口の内側へ、直接、注ぎ込みましょう。

→忘れずに換気扇を、まわします。



・STEP2


▼時間を計ります。15~30分です。

「つまりがひどいな」と感じて使用しているのなら、30分がオススメです。
長時間放置は絶対に止めましょう。必ず時間を計って、最大でも30分以内にします。


・STEP3


水を流します。一気に流します。しっかり、ある程度の「量」も必要です。
具体的に言うと「洗面器で1~2杯」の水の量を流します。

→オススメは洗面器2杯分です。


▼ここで、間違えやすいポイント・・


パイプユニッシュで排水溝の掃除をするときは、時間を計って使用しましょう。
もしも『家の中の掃除の片手間に、パイプユニッシュを流しておけばいいか』
という気持ちがあるのなら要注意です。

掃除をしているつもりが、かえって排水溝をつまらせてしまう恐れがあります。
なぜなら、長時間放置しておくと、
せっかく溶かした髪の毛が排水溝の先(奥)のほうで、再び固まってしまうからです。


髪の毛を溶かす以上は、しっかりと「時間」を計り、
パイプユニッシュと溶かした髪の毛すべてを「洗面器2杯の水量」で流し去るのです。


いかがでしたでしょうか、
最近流れが悪いな~と感じたら是非試してみてください。
ハウスクリーニングのお問い合わせはこちら
ページトップ