トイレの便座よりも汚いキーボードのお手入れ方法

2016年8月9日

あなたが、1日に最も多く接触する家電製品はなんですか?
「キーボード」と答える人も多いのではないでしょうか。
私もブログをパソコンで打ってるので一日に多く接触するのは
「キーボード」です・・。

実はこのキーボード、目には見えなくてもばい菌だらけだらけだって、知っていましたか?
パソコンを使いながらおかしを食べたり、くしゃみしたり、外から帰って手を洗わずに使ったりすることで、
菌が付着していくのです。


ある調査機関によると、「トイレの便座の5倍もの菌が付着していた」なんて記録もあったりします。


衛生的に問題があるだけでなく、キーボードの寿命にも関わってきます。
ノートパソコンを使っている人などは、キーボードの不具合は重大問題。

そこで定期的にやっておきたいキーボードのお手入れ方を紹介します。


*簡単!キレイ!な3STEP・・

STEP1:すき間のゴミを取る
まずは、ある程度大きなものから取っていきます。まずは掃除機で吸い取ってしまいましょう。

次は、小さなゴミや奥まで入り込んだゴミの処理です。
ここでは、「エアダスター」という、空気を吹き出すスプレー缶がおすすめ。
家電量販店などに行けば、500円程度で販売されています。


STEP2:ふき掃除
ゴミを取ったら、今度はキレイに拭いて手垢や汚れを落としましょう。

ここで注意したいのが、絶対に水を内部に入れないこと。
キーボードは水に弱く、浸食すると、その部分だけキーが機能しなくなることもあります。

中性洗剤を薄めて使うか、消毒用のエタノールで拭くのがおすすめ。
スーパーやドラッグストアで売られている「除菌クリーナー」などでも良いでしょう。

★ただし洗剤を使う場合、きちんと拭き取らないとカスになってしまうので、気をつけてください。


STEP3:半年に一度は丸洗いを
キーボードは意外と単純な構造なので、表面の丸洗いも可能。

まず、ドライバーを使ってカバーを開けます。
すると、内側に入り込んだ髪の毛や食べかすなど、たくさんのゴミを発見すると思いますが、
ひるむことなくすべてのキートップ(キーのことです)を外して、それぞれをしっかり水洗いします。


完全に乾いたら、元に戻して完了です。
その時、キーの配列がわからなくならないよう、外す前に写真を撮ったり、メモを残すようにしましょう。



いかがでしたか??
いつでも綺麗なキーボードを保ちたいですよね。
ぜひお試しください。
ハウスクリーニングのお問い合わせはこちら
ページトップ