デスク周りの大掃除

2017年9月25日

普段使っているデスクは埃が溜まったり、手垢で汚れたり、たくさんの書類や書籍で気を抜くと結構汚れてしまいます。
これでは勉強や仕事などはかどりませんよね。
そこで、今回はデスク周りの大掃除の仕方をご紹介いたします。

◎用意するもの
・ゴミ袋
・水やスプレーで濡らした雑巾、またはウェットティッシュ
・シュレッダー
・ファイル(用途や書類の量に応じてクリアファイル~厚めのファイル)
・ラベルシール
・スキャナー(可能なら)
・花や小さな写真立て等小物(可能なら)
・デスク周りの大掃除の仕方

STEP1 いらないものは捨てましょう
掃除の基本ですが、「壊れて書くことができなくなったペン」「昔の書類」「読まない本」「食べかけのお菓子」「用途が済んだ付箋」など使わなくなったものはどんどん捨てましょう(本に関しては古本屋に持って行くのも手です)。
会社の場合は個人情報や会社情報など外に漏れてはいけない大切な情報が書かれた書類などもありますので、こちらはシュレッダーで破棄しましょう。
また、残しておきたいデータはスキャナーでデータを取り、PC上のファイルに残しておくのも手です。
絶対に捨てられない、経理上の問題で数年は紙面で残さなければいけないなどの事情があるもの以外はどんどん捨てていきます。
自分で判断ができない資料は上司などに相談してみましょう。

STEP2 デスクの上を水拭きしましょう
デスクの上は埃や手垢などでかなり汚れていますので、乾拭きよりも水拭きがおすすめです。
水や市販のお掃除スプレーで濡らした雑巾やウェットティッシュなどでよく拭きます。
デスクの上にPCがある場合はPCの裏や陰になっている部分に埃が溜まりやすいので、いったんPCを退かして拭きましょう。

STEP3 書類を分類しましょう
勉強デスクなら教科ごとの資料、仕事のデスクなら仕事内容に応じた資料を分類分けし、ファイルに入れていきましょう。
ファイルに入れ終わったらラベルシールに分類した内容を書き込み、ファイルに貼ります。
これで、いざ使うときにどの資料がどこにあるかファイルを見ると一目で分かります。
分類分けした資料は、デスクの一番大きいスペースに縦に入れておくと取り出しやすく、使いやすいです。

STEP4 ペンなどの小物類の整理&デスクのディスプレー
ペンや、電卓、クリップハンドクリームなどの道具や小物類は机の一番上の引き出しに入れておくと取り出しやすいです。自分なりに使いやすいと思う方法でデスクの中を整理しましょう。
デスクの上が綺麗に掃除されたら、PCをデスクの上に戻しましょう(このとき軽くデスクの画面やキーボードも拭いておくとより綺麗になります)。
最後に、可能であれば小さい花や小さな写真立て、自分のお気に入りの小物を1点だけ飾っておくととても良い雰囲気のデスクになります。
ハウスクリーニングのお問い合わせはこちら
ページトップ