シールやラベル、綺麗に剥がす色々な方法

2016年5月25日

シールを間違って貼ったときや飽きてしまった時などに、
シールをきれいにはがしたいと思ったことはありませんか?、
思うがままにはがしてしまうと、シールがうまくはがれずに粘着部分が残ってしまうこともよくありますよね。
私も良くしてしまいます・・・。
しかし、ちょっと工夫をするだけでそんな残念な事態にならずに済むのです!!


そこで今回は、シールやラベルを簡単にきれいにはがす方法を紹介しますね。


シールをはがす時のちょっとした工夫とは?



・ドライヤーで温める方法

お掃除のプロの方に教えてもらった方法です。ただし、熱に弱いものは避けてください。
一度で取れないようなら再度温風を当ててはがしていきます。根気が大事です!

アイロンでも可能です。

・ハンドクリームを塗りこむ方法

木製品やプラスチック製のもの、ガラス製のものに貼ったシールをはがすには、
ハンドクリームをシール全体に塗り込んで染み込ませて下さい。
ハンドクリームの油分がシールの粘着成分を弱めてくれるため、はがしやすくなります。


・台所用洗剤とラップではがす方法

はがしたい部分に台所用洗剤をつけ、
その上をラップで覆ってください。10分ほど経つと、洗剤の成分が粘着性分を浮き上がらせているため、
簡単にシールをはがせるようになっています。はがしたあとは、水拭きなどをして洗剤をきれいに落としましょう。


・ティッシュに酢を含ませて取る方法

ティッシュや脱脂綿などに酢を含ませて、シールの上にくっつけておくとシールが取りやすくなっています。
プラスティック製品などにとても効果的です!

・お湯につける方法

お湯につけておくと、粘着性分もふやけて弱まっていきます。
食器ならば、お湯につけて10秒ぐらい待てばするっと取れますよ。


・水に一晩漬けておく方法

お湯も沸かせないし、道具も何もない場合は、ひたすら水につけておきましょう。
忍耐が必要になりますが、時間が経てばふやけて取れやすくなりますよ!


・粘り気をとる方法


表面はきれいにはがれたけど、接着剤の粘りが残る時ってありますよね。ここからは、そんな時に有効なものを紹介します。


・ガムテープできれいにとる方法

ガムテープで粘り気のあるところをはがすと、ガムテープに接着剤がつき、ネバネバを取り去ってくれます。常温でやってもうまくいかない場合は、ドライヤーで温めて粘着性分を柔らかくしてから常温のガムテープではがすとうまくいきますよ!



・消しゴムでこする方法

消しゴムでこするやり方は、プラスチックや陶磁器など表面がツルツルした材質のものの時有効です。



・除光液を塗ってこする方法

アルコールのにおいが残るのではないかと心配なさる方もいるかと思いますが、すぐ消えるのでご安心ください。しかし、プラスティックなど、変色しそうなものには使わないようにように注意してくださいね。
ハウスクリーニングのお問い合わせはこちら
ページトップ