シンクや排水口の黒ずみやぬめりのお掃除方法

2016年10月22日

シンクや排水口の掃除を怠ると、嫌なニオイが発生し、ぬめりや黒ずみの原因となりますよね。
出来れば毎日こまめに生ゴミを処理して排水口にゴミを残さない事が大切ですが、
汚れてしまった場合はキレイに掃除をしましょう。

そこで今回は、シンクや排水口のぬめりや黒ずみの掃除の仕方を詳しくご紹介します。


・シンクの内側の掃除
用意するもの
重曹
クエン酸水(水カップ1にクエン酸小さじ1を溶かしたもの)
金属のポンポンたわし



・使い方

シンクの側面に重曹を振りかけ、金属のポンポンたわしで汚れをこすり落とします。
クエン酸水をスプレーして、布で拭いて仕上げます。

重曹でこするときれいになりますが、その後水で流しても白い粉の後が残る場合がありますので、重曹でこすった後はクエン酸水をスプレーして、から拭きするとあとがつかずキレイに仕上げる事ができます。

・排水口の掃除の仕方
用意するもの
重曹
クエン酸
熱いお湯


使い方
重曹カップ1/2とクエン酸大さじ2を混ぜます。
排水口に振り入れて、1時間から2時間そのままにし、熱いお湯をゆっくり回し入れて仕上げます。

クエン酸は鉄につけるとさびるので、大理石のシンクには使用しないでください。
また市販の洗剤と混ぜると、有毒ガスが発生することがありますので併用はしないでください。


・排水口の生ゴミうけの掃除の仕方

用意するもの
キッチン用ビニール袋(大)
漂白剤
ぬるま湯

生ゴミうけのゴミを捨てて軽くブラシでこすったら、
キッチン用ビニール袋(大)に生ゴミうけをすっぽり入れて、
その中にぬるま湯を入れ漂白剤をキャップ一杯入れます。
一晩そのままにしておくと翌朝ピカピカになります。

排水口に10円硬貨を入れておくと、菌の増殖防止に役に立ちます。
使用済みのアルミホイルを入れても同じ効果があります。


いかがでしたか??
毎日掃除出来れば良いのですが出来ない時もありますよね。
今回のお掃除の方法を参考にしてみてください★
ハウスクリーニングのお問い合わせはこちら
ページトップ