コスパ良し!重曹でゴミ箱の臭い取り

2016年10月18日

キッチンのゴミ箱のニオイはとても気になりますね。
生ゴミとは別にしていても、色々なニオイが混ざり悪臭となります。
そこで良く登場する「重曹」本当にコスパも良く優秀なのでおすすめです!

そんな重曹を使って、私が実践している「ゴミ箱の消臭方法」を紹介します。


消臭の頻度
基本的には月に1度くらいですが、ニオイが気になったら早めに行います。
特に夏場は頻度を高くします。


必要な道具
重曹クリーナー
ペットボトル
食品ラップ


手順
STEP1:ペットボトルにラップを敷く
1~2ℓのペットボトルの底から5,6cmくらいの部分を切り取って、ラップを敷きます。
アルミホイルは使わないで下さい。

使っていない皿などを使ってもOKです。重曹がこぼれない程度の深さがある方が良いですね。


STEP2:重曹を入れる
付属のスプーンで山盛り3倍ほど入れます。
ペットボトルの底面積に合わせて、加減して下さい。
なるべく表面積を広げるようにすると、消臭効果が高くなります。


STEP3:ゴミ箱の底に置く
ゴミ箱の底に置いて、ゴミ袋をセットすれば完了です。
交換する時はラップごと捨てられるので、掃除も楽です。

重曹は弱アルカリ性で酸化した嫌なニオイを中和させます。
また、ゴミの水分を吸収する働きもあるので、消臭と湿気取り両面で効果があります。


注意点
ゴミを捨てる前の注意

生ゴミとは別にしていても、キッチンのゴミは食品のニオイが付くものです。
生鮮品についていたラップは、直接ゴミ箱に捨てないように、また食品のトレイなども
1度洗ってから捨てるようにしましょう。


ゴミ箱を洗う
ゴミ箱にしみついたニオイは頑固です。
重曹を取り変えるタイミングで、あるいはニオイが気になったら、
その都度ゴミ箱を洗うようにしましょう。

水をはったゴミ箱に台所用漂白剤を混ぜて、30分程置いておくと、殺菌されニオイが取れます。

表示されている目安分量を参考にしましょう。


市販のものも使ったりもしましたが、
やはり重曹のほうが持ちもコスパの良さも良いので、
重曹での臭い取りをおすすめします★
ハウスクリーニングのお問い合わせはこちら
ページトップ