クエン酸でトイレの壁の汚れとにおいを吹き飛ばす方法

2017年7月5日

トイレの壁の汚れやニオイ、お掃除はどのように行っていますか?
今回はトイレの壁の汚れとにおいをクエン酸を使って吹き飛ばす方法をご紹介します。
是非参考にしてみてください。

尿などのアルカリ性の汚れにはクエン酸が有効で、汚れを中和してくれるようです。クエン酸を使って安全かつ簡単にナチュラルクリーニングしましょう。


◎掃除の頻度・タイミング
壁に尿が着いた時や、トイレの中が匂うと感じた時が掃除のタイミングです。
2週間に1度のペースで壁の掃除を行うと、常にトイレが綺麗に保てますよ!


◎用意するもの
・クエン酸水(水200ml+クエン酸小さじ1杯)
・マイクロファイバークロス

◎掃除のやり方
STEP1:便器近くの壁にクエン酸水をスプレーする
便器近くの壁にクエン酸水をスプレーします。手のひら大の広さに対してワンプッシュ程度スプレーします。
酸に弱い材質(鉄や大理石やセメント)がないか確かめてからスプレーします。
漂白剤等との併用は避けてください。

STEP2:マイクロファイバークロスで拭く
軽く拭くだけで、マイクロファイバークロスが汚れを取ってくれます。
肌の弱い人や手あれのある人は炊事用手袋を使用することをオススメします。
コンセント周りは直接スプレーせずに、クロスにスプレーしてから拭きます。


※トイレの壁の掃除で注意すること
小さなお子さんがいるお家では、壁にポスターやひらがな表などを張っていることもあるとおもいます。掲示物が便器の近くにあると、汚れやすく、掃除もしにくくなります。汚れた掲示物はカビや匂いの原因となります。
壁を清潔に保つためにも、掲示物を便器の近くに貼らないことをオススメします。
ハウスクリーニングのお問い合わせはこちら
ページトップ