カーテンの正しいお掃除方法

2016年5月14日

ついつい忘れがちになってしまうカーテンのお手入れ。
見た目にはわかりませんが、カーテンにはかなりの汚れが付着しています。
部屋の内外のほこり、開け閉め時による手垢、たばこのやになど想像以上の汚れだと思います。

しかし、お掃除方法はあまりよくわからないですよね。
そこで今回は、カーテンの正しい掃除の仕方をご紹介したいと思います。

まず最初に、日常的な掃除の仕方です。

頻繁に洗うのは大変なので、掃除機のブラシをあて、ほこりを吸い取るとよいでしょう。
レールにもほこりがたまりやすいので時々拭いておくとよいでしょう。

次にカーテンの洗濯方法です。

洗う前に必ず選択ラベルを確認しましょう。
洗濯できる場合はほこりを吸い取りフックをはずします。
カーテンはプリーツにそってたたみ、ネットに入れて洗濯をします。
水の量は最大、設定はドライや弱水流など優しい設定にします。

その後、脱水は軽めにして干します。
干し方は吊るしてていた場所に戻し、自然乾燥がよいでしょう。
レールや窓ガラスをよく拭いてから干すと、汚れがつかずにすみます。

このように、お手入れはそれほど大変ではありません。
正しいお手入れをして、大切に使えるといいですね。
ハウスクリーニングのお問い合わせはこちら
ページトップ