はたきを使って汚れを落とす方法

2017年11月18日

はたきなんて使った事もないという方もいらっしゃるかと思います。
古くからある掃除道具のはたきは、使い方と使える場所を覚えておけばとても効率的に掃除ができることを知ってますか?

今回はそんなはたきを使って汚れを落とす基本的なやり方を紹介します。

◎はたきで掃除をするのに向いている汚れ・アイテム・場所
・拭き掃除のできない布製の家具やカーテン、壁など
・複雑な構造の家具や手の入りにくい場所
・水拭きできない電化製品・オーディオ機器
・凹凸のある小物・本など

◎はたき以外に用意する道具
・帽子、三角巾など頭をおおうもの
・掃除機
・ホコリ(花粉)に弱い人はマスク、メガネなど

◎はたきの基本的な使い方
STEP1:窓を開ける
最初に窓を開けて、部屋の換気をよくします。

STEP2:はたきが触れると困るものを除ける
小さな置き物やデリケートな物を除けておきます。

STEP3:部屋の上の方からはたきをかける
カーテンレール、カーテンの上、照明器具など上にあるものからはたきをかけて行きます。
ホコリは上から下へ落ちるので、先に低い位置のものを綺麗にしても、後から上を掃除するとまたホコリがかかってしまいます。
カーテンレールなど上にあるホコリがその下にある家具にかかっても気にせず、どんどん上から下へ払っていきます。

STEP4:高いところから低い所へ順番にはたく
段々低い位置へ移動します。テレビ台の裏のコード類が集まる所はホコリが溜まり易いので、しっかりはたきます。
本棚やラックのように凹凸がある場所も汚れを落とします。

STEP5:掃除機をかける
下に落ちたホコリを掃除機で吸い取ります。空中にホコリは舞っていますが、全部落ちるには時間がかかるので、目に見える範囲で床のホコリを吸引するようにします。
これではたきを使った掃除は終了です。

いかがでしたでしょうか。
やり方を覚えることではたきが効率よくお掃除につかえますよね!
みなさんもぜひお試しください!
ハウスクリーニングのお問い合わせはこちら
ページトップ