こまめに消すのはNG?エアコンのエコのお話

2016年7月14日

最近暑いですよね。そろそろエアコンをつける季節になってきました。
エアコン掃除は済んでますか?
私は急いでこないだやりました・・。笑

今回は、お掃除から少しずれますが、
エアコンの経済的な使い方についてお話します。


今年の春から電力自由化が始まり、電力会社の切り替えや料金プランの見直しを考えている方もいるでしょう。
それに加えて、電気代を節約するためにも家電製品の使い方を工夫したいところ・・・


特に電力消費量が多いエアコンは使い方に気をつけないといけませんよね。
節約方法として「こまめにスイッチのオン・オフを切り替える」などが挙げられますが、
それでは十分な効果は期待できないようです。むしろ、電気代が高くなってしまうことも…。

節約したいなら、エアコンはつけっぱなし!

10分でも部屋を出るときは、エアコンの電源をオフにしたほうが節約になりそうですが、実はNG。なぜならエアコンは起動したときに一番電力を消費するからです。そのため、電源のオン・オフを繰り返すだけ電力を消費してしまいます。

また、エアコンは設定温度と室温の差が大きいほど、電力の消費も増加。しかし、室内を一定の温度で保ち続けた場合、実はあまり電力はかかりません。


・環境にも優しい


エアコンのつけっぱなしは節約になっても環境に悪そうに思えますが、エコの観点からもつけっぱなしのほうがいいようです。

電気代が安くなるということは、電力の消費量が少ないため発電するときに発生する温室効果ガスや廃棄物が少なくなるからです。


・電力を無駄にしないエアコンの使い方

風量設定で部屋を快適に

風量を弱風や微風のほうが節約になるような気がしますが、快適な温度になるまでに時間がかかり、かえって電気を無駄にしてしまいます。そのため風量設定は自動運転にしましょう。一番効率的な運転をしてくれます。


・空気を循環させてムラをなくす


温かい空気は上に、冷たい空気は下に溜まる性質があるため「温度にムラ」ができてしまいます。そうすると、エアコンが「設定温度になっていない」と勘違いして必要以上に電気を使ってしまうことがあります。


この温度のムラを解消するために、サーキュレーターなどを使って空気を循環させましょう。


いかがでしたか??
フィルターの手入れも忘れずにしてくださいね。
フィルターにゴミやホコリなどがつまると、正常に機能せず電気の無駄遣いに。
また、フィルターの目詰まりは電気の無駄だけでなく、
水漏れや悪臭などの原因にもなるため、定期的な掃除が大切ですよ。
ハウスクリーニングのお問い合わせはこちら
ページトップ