お風呂場と排水溝を掃除する方法

2017年6月11日

お風呂場の掃除は皆さんどのようにされていますか?
お風呂のお掃除には、「クエン酸(酸性)」がオススメなんです。

クエン酸は水で薄めて液体で使用します。
クエン酸を溶かした水を排水溝に流します。たったこれだけなんです。

クエン酸を溶かした水で、お風呂場を洗ってから、そのまま流しても効果は同じように得られます。
1回2ℓを週に2~3回、1ヵ月で相当キレイになっています。あとは月に1回づつで継続します。

・「クエン酸」の効果
クエン酸は「水垢」「石けん垢」に効果的です。
お風呂場と、お風呂場からの排水溝は、常に「石けん」「シャンプー」「トリートメント」などが付着しやすい環境にあります。

※塩素系のハイターなどとは絶対に混ぜないでください。

・用意するもの
クエン酸(「料理用」ではなく、「掃除用」のクエン酸が経済的にお得です)
スプレー(100円ショップなどで安く手に入るもので充分役立ちます)


・やり方
基本的に「水で薄めて」使います。

STEP1 
汚れが気になる場所にスプレーします。

STEP2
タイルにはブラシをかけます。
浴槽はスポンジを使います。傷つけないためです。
排水溝は、「掃除中のクエン酸液が流れていく」ので、実は、それで充分です。

STEP3
お風呂に入ったとき、「出る」直前に、ジャッジャッとブラシをかけておくと、石けん成分を流し切ることができます。


おわりに・・
お風呂場は、ついつい「かび」が気になってしまうもの。
でも、かびが生える場所は「石けん成分」が蓄積して「石けん垢」となっている場所が多いものです。
クエン酸で掃除して「水垢」「石けん垢」を掃除しておけば、かびが蔓延するのを予防できます。
年末の大掃除などではカビキラーも良いのですが、普段のお風呂場掃除には、「クエン酸」の利用をオススメします。
ハウスクリーニングのお問い合わせはこちら
ページトップ