お酢でピカピカ!加湿器のお掃除方法

2017年7月3日

冬の乾燥時期には欠かせない加湿器ですが、夏場にも
使ってる。という人も多いんではないでしょうか。
きちんと手入れをしないと雑菌が発生し、体に良くないと言われます。
掃除を怠ってしまい、カビやウイルスが繁殖しないようにしたいですね。

最近は掃除しやすい加湿器も発売されていますが、いまだに面倒なところが多いのも事実です。
しかし、酢水を使えば加湿器の本体を傷めずに簡単にお掃除が可能です。

そこで今回は、酢水を使った加湿器の掃除方法を紹介していきます。


◎掃除のタイミングと頻度
毎日タンクに水を入れ替える時に、軽くゆすいだり埃を拭ったりします。
蒸気の出が悪かったら月に1回くらいの頻度でしっかり掃除します。

◎掃除に必要な物
・古新聞紙数枚
・酢
・ペーパータオル
・綿棒
・古歯ブラシ
・スクリュードライバー
・細かい部品を保管するための袋

◎手順
※この加湿器はヒーターで水を加熱して蒸気に換える加熱式加湿器です。フィルターはありません。

STEP1:電源プラグを抜く
電源プラグを抜きます。

STEP2:水を捨てる
タンクの水、ベース部分の水を捨てます。

STEP3:可能な限りの部品を外す
取扱説明書で、部品を取り外せるか確認します。新聞紙に加湿器をのせて、部品を可能な限り外します。
スクリューなど細かいパーツは無くさないように袋に入れておきましょう。

STEP4:細かな物は酢水に浸ける
吹き出し口やタンクのキャップなどを、ボールにおよそ酢20mlに水200mlを入れて30分浸けて、水ですすぎます。細部は歯ブラシを使って綺麗にします。

STEP5:タンクに酢水を入れる
タンクに酢200mlを入れ、水で満たします。このタンクは4Lです。30分くらい放置します。

STEP6:ベース部に酢水を入れる
ベース部分に酢水を入れて、30分くらい放置します。

STEP7:水で良くすすぐ
各パーツを水でよくすすぎましょう。

STEP8:ペーパータオルで水気を拭く
各パーツをペーパータオルで拭いて、水気を取ります。
外気取り入れ口は綿棒で拭いて、埃を取ります。

STEP9:組み立てる
タンクに新しい水を入れ、元通りに組み立てて、電源を入れれば終了です。


※注意すること
部品を外す時にマニュアルを良く読んでから、外しましょう。外した部品は無くさないように注意しましょう。


いかがでしたでしょうか。
加湿器から出る蒸気は吸い込むものなので、清潔にしておきたいですね。
ハウスクリーニングのお問い合わせはこちら
ページトップ