お気に入りのコップについた茶渋は塩でとれる

2015年10月4日

お気に入りのコップがなんだか使い古したように感じたことはありませんか。
コップも毎日使っているといつの間にか茶渋だらけになってしまいます。

きちんと丁寧に洗っているつもりでも、いつの間にか少しずつ茶渋がついてしまうのです。
茶渋がついてしまったお気に入りのコップをよみがえらす方法があります。

用意するのはひとつまみの塩だけです。
漂白剤につける必要など全くありません。

ひとつまみの塩でコップの中をこすり洗いしてあげれば、塩が研磨剤の役割をするので、コップの中の茶渋はキレイに取れます。

塩でこすり終わったあとは新品のように真っ白のコップによみがえります。
漂白剤などの薬品を使うこともないので、神経質にゆすいであげることもありません。

小さなお子さんがいるご家庭でも安心して使える方法です。
毎日使っているコップが使い古したように感じたら、一度塩でこすり洗いをしてみることをお勧めします。

いつも使っているスポンジにつけてあげると簡単にこすり洗いできるでしょう。
ハウスクリーニングのお問い合わせはこちら
ページトップ