いつも綺麗、スッキリ!キッチンの排水口のお掃除

2017年1月11日

キッチンの排水口にゴミをためたままにしておくと臭いや不快害虫の原因になることもあります。
夏場なんかはゴミをそのままにしておくのは絶対におすすめしません!

今回は私が実践している排水口のゴミ掃除法をご紹介します。


掃除の頻度
STEP1のみ・・・1日1度、朝の調理前か夜すべての調理後
終了まで・・・週に一度

用意するもの
・ぼろきれ
・洗い桶
・使い古しの歯ブラシ
・塩素系漂白剤


ゴミの取り方
STEP1:ゴミをとる
たまっているゴミをぼろきれを使って集め、ぬぐいとってしまいます。

この作業は1日1度必ず行っています。
水を流しながら軽く歯ブラシでこすることもあります。以降のSTEPは週に1回程度で結構です。


STEP2:洗い桶に水をためる
洗い桶に水をためます。
ごみ受けにカビが発生してしまっている場合はキャップ1杯の漂白剤を入れてください。


STEP3:歯ブラシでこする
桶の中で歯ブラシを使い、こすって汚れを落とします。

漂白剤が目や肌にはねてこないように注意です!
カビがひどい場合は漂白剤の濃度をあげ、しばらくつけておくとよいでしょう。


STEP4:流す
最後に流水で流したら終了です!


いかがでしたでしょうか。
ゴミの処理は毎日行いたいですね。
ほとんどの排水口にはゴミ受けの上にカバーがついていると思うのですが、
理由はゴミがはっきり見えていないと掃除を怠りがちになるという事とカバーそのものの掃除が手間で使用していません。
今回今回紹介した方法に変更してからは排水口のゴミ取りストレスは全くなくなりましたよ。
ぜひお試しくださいね!!
ハウスクリーニングのお問い合わせはこちら
ページトップ